毎週PRTの生放送が終わると、僕はお腹がペコペコな状態で埼玉の奥地まで帰宅している。
もちろん帰り道にはいろいろな“食”の誘惑が…
先日ついに我慢できず、ずっと気になっていたお店に寄ってしまった。それは、東京駅内にある全国各地の駅弁を約170種類を取り揃えている駅弁屋。その名も「駅弁屋 祭」。

店内は朝の6時だというのにこの人だかり

名物駅弁を並べたディスプレイもなかなかの迫力

店頭には売れ筋No.1とNo.2が並べられていた。
ちなみにNo.1は仙台駅限定「極撰 炭火焼き牛たん弁当」加熱容器入りでどこでも温かいお弁当が食べれちゃう


そしてNo.2は炭火で焼かれた米沢牛が豪快に盛り付けられている米沢駅「米沢牛炭火焼 特上カルビ弁当」


ん〜、どちらもおいしそう…むしろどっちも食べたい…

しかしそんな中僕が選んだ駅弁はコレ


ここ東京駅「駅弁屋 祭」限定販売!『米沢牛しぐれ煮弁当』(1,300円…奮発しました…)

まず目につくのがこのお弁当箱の形なんと米沢牛の顔になっている(ちょっと怖い…。)

フタを開けてみると…白いご飯の上に盛り付けられた米沢牛のしぐれ煮
味もしぐれ煮の味付けが白飯と相性抜群!そして意外と量もありペコペコなお腹にはもってこい


「駅弁屋 祭」…約170種類あるなら毎週寄っても飽きなさそうだ…